新年のご挨拶

さらに読む

令和5年度 文化協会総会終わる

令和5年5月13日(土)に、森川裕一明日香村村長を始め多くの来賓の皆様にご出席いただき通常どおりの総会を開催しました。初めての土曜日開催となりましたが、70名以上の参加のもと盛会に開催され、提案した全ての案件が了承されました。
記念講演は、本会の顧問でもあります大森亮尚先生が「飛鳥と播磨風土記」と題して講演をされました。飛鳥と播磨のつながりと聞いてどういう関係性があるのかなかなかわからないところですが、大変、関係があることがわかりました。つまり、古代において、播磨国が畿内と吉備の間にあって、大和王権にとっては大変重要な政治的位置にあったことがわかるものでした。
大和三山の争った有名な歌のこと、オケ皇子とヲケ皇子の兄弟の話、そして弟のヲケ皇子が大和に入り、三年で近飛鳥八釣宮、現代、大字八釣 弘計皇子(ヲケミコ)神社あたりで顕宗天皇として即位します。古代において両地域の密接な関係性についてのユーモアに富んだお話に時間の経つのも忘れ聞き入りました。先生の講演を初めて聞いたある参加者は「初めて先生のお話を聞き面白くて時間の経つのも忘れ集中しました」と感想を述べられていました。

いよいよ古文書講座が始まります

第1回 6月24日(土)13時30分から 中央公民館

『西国三十三所名所図会』の飛鳥地域の原文を読み解きます。「治田神社の鳥居」と「くすり屋」の挿絵があまりにも有名です。
どうぞ気軽に参加してください。

 

 

『善信尼物語』ブックレット発刊

 

ブックレットの二冊目になる「善信尼物語」を四月に発刊しました。この冊子は橿原市在住の野田俶子さんが水彩画で丹精に描いた手作り紙芝居を基に編集されています。
ブックレットにするにあたり、小学校の中・高学年の児童にもわかりやすいことばを使用しています。
ただ善信尼はあまり知られていないのが現状で、むしろ初めて名前を耳にする人も多いと思います。小・中学校の教科書でも取り上げられることもありません。
善信尼は、飛鳥時代の日本で最初に出家した女性の僧(尼僧)です。明日香村阪田に住んでいた渡来人、司馬達人(飛鳥大仏を作った止利仏師の祖父にあたる)の娘で、十一歳という年齢でさまざまな身にかかる迫害にも負けずに僧になるために努力をします。そして、十五歳で正式な受戒(仏教信者が守るべき規範を得る)を望み朝鮮に渡り、帰国後日本における仏教の普及に大きな功績を残しました。
この善信尼が日本の歴史を動かすのに大きく貢献したことを思うと、このブックレットを多くの人に知ってもらいたいと思います。
そのため、村内幼稚園・保育園・小・中学生や教職員、村役場職員の皆さん、飛鳥保存財団、関係する飛鳥寺や豊浦寺に配布させていただく予定です。
なお、ストーリーの監修は、前作の「乙巳の変」と同じく奈良大学の相原嘉之准教授にお世話になりました。また装丁については、烏頭尾忠子先生の手を煩わせました。

新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます

日頃は明日香村文化協会の諸活動にご協力ご支援頂きましてありがとう
ございます。
当協会は昨年の総会において40年間続けて参りました規約を改正して活動
や組織を見直し心機一転して進めることになりました。
とはいえ従来よりつづけている活動を継承し更に発展させるためのもので
あります。
個々の活動については当ホームページをご覧いただきたいと思います。
今年は6年先に控えた50周年に向けての取り組みが大きな課題に
なろうかと思います。
皆様方の温かいご支援ご協力をお願いいたします。
兎の糞にならないよう脱兎のごとく頑張りたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

ブックレット「善信尼」

ブックレット「善信尼」製作中

現在、ブックレットの二冊目「善信尼」の発刊に向けて、紙芝居委員会で
準備を進めています。善信尼は、明日香村阪田に住んでいた渡来人、
司馬達等(しばたつと)の娘で
11歳という年齢で日本で初めて僧になった少女です。
いくつもの迫害や困難な状況を克服して修行を重ねて出家をします。
日本の仏教に多大な功績を残した足跡を辿る内容となっています。
この「善信尼」物語は、野田俶子さんがお孫さんのために制作された
水彩画による手作り紙芝居をもとにブックレットとして発刊するものです。
小学校の中高学年の子供達にもわかりやすいようにストーリーを練り上げ
語句にはふりがなをつけています。
三月の発刊を目指しています。

紙芝居・ブックレット完成!

紙芝居

令和3年度はコロナ禍で、多くの行事が中止にや延期になる中、文化協会では新たな事業が始まりました。
それは飛鳥にかかわる歴史上の人物や出来事を紙芝居にまとめる取り組みです。
今迄のブログの中で経過を紹介してきましたが、ようやく完成しました。
本会の役員とつながりのある方々の協力を得て、10名での紙芝居部会を立ち上げての取り組みでした。
「乙巳の変」大化の改新と言えばわかりやすいと思いますが、日本の政治を変えた大事件を、わかりやすく且つ発掘調査などの研究成果に基づき時代考証を行いながらの作業でした。
監修は奈良大学の相原嘉之先生にお願いしました。
一つのシーンにも難しさを痛感しながら、やっと1月に完成しました。
紙芝居は1セット、A2 版で19枚です。
里山クラブさんの協力で上演のための立派な木製枠も制作していただきました。
明日香村の小中学校、図書館などの施設に配布しました。

ブックレット

乙巳の変でのクーデター事件では教科書に必ずと言っていいほど載っていいる歴史上の大事件です。この事件で「入鹿の首が飛んだ」ことのインパクトが強すぎてそのように捉えている人が多いことに驚きます。
史実と入鹿の首塚に伝わる伝承とは分けてとらえる必要があります。
事件の全体像を絵にしてわかりやすくしておく必要があり、紙芝居では伝えきれないことを踏まえて、じっくりと見られる冊子にしたブックレット(セミB5サイズ 40ページ)を作成しました。
蘇我氏がダークヒーローになっていますが飛鳥の宮殿や寺院づくりに大きな役割を果たしています。
今後研究が進み、そうした役割がより明らかになることも待ち望みたいと思います。
ブックレットは、非売品で全会員、村内の保育園、幼稚園、小中学生全員、教職員全員に配布しました。

4月22日付け朝日新聞奈良版にも紹介されました。

お知らせ

明日香村文化協会として、公式ホームページを作成するため現在準備しています。
わかりやすく読みやすいものにして文化協会の活動をお知らせしたいと思います。ご期待ください。
予定では5月中にはオープンできるかと思います。
現在のブログはそこからリンクできるようにして、お知らせや行事の感想などを随時に発信していきたいと思います。
よろしくお願いします。

2022.5.12

3月号

 年度末になりました。一年を振り返ると、どこの団体も同じですがコロナに振り回された年でした。
5月の総会は書面決議となり、昨年度は感染対策を取ってなんとか開催された美術展も、今年度は芸能大会、美術展とも中止になりました。
 コロナ感染が日本で確認されて、この1月で丸二年になりますが、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置と 方針が出るたびに、計画した行事が中止や延期になってしまいました。
 今は子供に感染が広がって、学級閉鎖や、通所施設が閉鎖になったりしています。
 令和4年度はコロナ感染が終息して全ての行事が憂いなく実施されますようにと願うばかりです。

歴史探訪(フィールドワーク)

 第三回実施予定の3月20日(日)も情勢を鑑み、延期とします。申し込みの方には第一回、第二回の延期した分と共に実施日を決定してから、ハガキでお知らせします。

-お願い-

 つなぐ」(明日香村の大字に伝わるはなし)の補訂版の発刊について40周年記念事業として発行しました「繋」は村内だけでなく村外の方々にも大きな反響をいただきました。

 その中で大字によってはページ数の制約で記載できなかったことや新たに出てきた話、村内を通してまとめた方がいい話(例、金毘羅山やお地蔵さんのこと等)等を再度補訂版(仮称)を50周年の記念事業として発刊したいと思います。
 明日香村文化協会会員の皆さま、文化協会にご協力・ご支援いただいている皆様お住まいの大字やお知り合いの大字で「繋」補訂版に(仮称)掲載する内容のものがありましたらお知らせください。ご協力をお願いいたします。

連絡先
玉井章進 Tel/Fax 0744-54-2292 090-2285-3720
境山正甫 Tel/Fax 0744-54-3665 090-4036-9275

2022.2.28

2月号

大寒も過ぎましたが一年で一番寒い日が続きます。
ですが日中お天気のいい日にはとてもよい散歩日和になります。景色もよく散歩コースが多彩な明日香です。
けれど社会はまたオミクロン株が猛威をふるっていろんなところに影響がでています。
どうか充分お気をつけてお過ごしください。

-お知らせ-

令和4年2月20日に開催予定の文化祭(芸能大会)
2月27日からの美術展中止になりました。

1月2月実施の歴史探訪(フィールドワーク)は急きょ延期となりました。
コロナウイルスの感染拡大の状況がありましたが野外ということで実施の準備を進めてきました。
奈良県の感染拡大の急激な勢いもあって延期とさせていただきました。
密を避けることで講師の声が聞き取りにくくなることを想定して小型の拡声器も用意していたのに残念です。
楽しみに待たれていた方には申し訳ございません。
新たな日程は決定次第お知らせします。

 
紙芝居表紙

紙芝居表紙

紙芝居 乙巳の変いっしのへん 完成!

制作過程を報告してきました紙芝居が完成しました。
小学校高学年くらいの子に読みやすくした内容で難しい政治の流れをわかりやすいストーリーにしています。
サイズはA2版で1セット19枚です。
学校関係、図書館などに配布する予定です。(非売品)

令和4年度の会誌(8月発行)の編集も進めていきたいと思います。
原稿を書いていただける方は4月末日が締め切りになっていますのでどうかよろしくお願いいたします。

2022.1.31

 

865897

2022年「明日香村文化協会」新年号

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

 

 会長挨拶

明日香村文化協会会員の皆様

 明日香村文化協会に日頃関心とご支援を頂いている皆様、「明けましておめでとうございます。」併せて皆様方の本会に対するご支援ご協力に感謝申し上げます。

 コロナ禍の中で文書による総会が2年続き、各種の講座がなくなったり変更になったりした2年間でした。しかしながら皆様方の温かいご支援・ご協力により困難な中に於いても、可能性を見いだし活動を止めることなく続けて参りました。そして、いろんな教訓も見つけ出してきました。その一つがコロナ禍というマイナスの情勢の中でこそプラス情勢を作り出していかなければならない事でした。とりわけ文化面での活動では大きな役割を果たしたのではないでしょうか。

 2022年(令和4年)は壬寅年です。「寅」は動物を表す文字ではありませんが、敢えて動物の「虎」という文字が引用されているようです。従って「虎」に因んだ喩えが今年の運勢として引用されています。虎は毛皮の模様から前身が夜空に輝く星と考えられていた存在なようで、『決断力と才知』の象徴としての意味もあり縁起物としても親しまれているようです

 私は寅年にあたり「虎」の縁起を頂き「決断力と才知」をモットーに活動してまいりたいと思います。皆様方のご健康とご活躍を祈念し、併せて本協会へのご支援ご協力をお願いしまして年頭の挨拶といたします。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

奥飛鳥の「綱掛け神事」の紹介

 奈良県明日香村稲渕・栢森地区では、毎年「成人の日」に稲渕地区で「男綱(おずな)」が、1月11日の日には柏森地区で「女綱(めずな )」の神事が行われ、豊作を祈って新しく 作り掛け替えられます。「綱掛け神事」は、稲淵と栢森両大字に伝わる神事です。

 「綱かけ神事」は、子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、住民を守護するための神事と言われています。「男綱」は柏森のさらに奥にある男渕の竜神を、「女綱」は女渕の竜神を祭っているといわれています。栢森大字の神事の特徴は、全体を仏式で行なわれます。稲渕地区での「男綱の綱掛神事」は、神式で行われます。

 日本の原風景が色濃く残る、飛鳥ならではの郷土行事です。

※2021年1月11日に撮影


「男綱の綱掛神事」


「女綱の綱掛神事」

 

  

12月号

稲刈りの後の稲株から出ている新芽が美しく、稲の生命力に感動するこの頃です。
季節の巡りは早くもう師走を迎えるころとなりました。
毎年のように開いていた忘年会も自粛ばかりであったのはいつのことなのかと考えるほどです。
コロナは感染者数も減りましたが、また第六波が来るとか変異株のニュースが流れたりします。
これからはインフルエンザにも気を付けないといけません。
朝夕冷え込みますので、みなさまも体調管理には充分お気をつけてお過ごしくださいますように。

◇先月ご紹介しました文化講座の歴史探訪をすこし詳しくご紹介します。

 飛鳥時代の宮殿の痕跡が本当に今でも残っている?

およそ1350年前の痕跡がたどれるだろうか、誰しも疑問に思うことですが土地の歴史をたどる手立ての一つに小字名があります。有名な例では、漏刻として注目を集めた水落遺跡がありますが、その存在する場所の小字名が「水落」です。
また川原寺周辺にはかつて川原寺が火災にあったことを示すかのように「ヤケモン」という小字名が存在します。
今回フィールドワークを実施する場所の一つに嶋の宮があります。
蘇我馬子の邸宅があり、その庭に大きな池を開き嶋を築いたと言われています。
その池のあった所が「池田」で広い範囲にわたって存在します。
スケールの大きさに驚くと思います。
後飛鳥岡本宮や飛鳥浄御原宮では宮殿を囲んでいた築地塀に沿ってあった、雨水などを流す排水溝跡を実際に歩きます。
実際に大きさ距離などを体感して、いにしえの人々も歩いたであろうことを想像してみるときっとわくわくすることと思います。

第一回 1月30日(日)嶋の宮 東橘遺跡      集合13:00 岡役場駐車場
第二回 2月12日(土)
2月20日(日)後飛鳥岡本宮や飛鳥浄御原宮 集合13:00 岡役場駐車場
なお、第二回日程は変更になりましたので、ご注意下さい。
第三回 3月20日(日)真弓周辺の古墳       集合13:00 中央公民館前

参加申し込みは1月21日までに教育委員会文化財課(0744-54-5600)まで 

1635292389914
島の庄周辺

 

1637894275978 (3)

第一、二回集合場所図

◇篆刻講座について

夏期講座で予定の篆刻講座がコロナ感染予防のためやむなく中止としましたが皆さんのご要望もあり、急遽11月2日と11月27日の二回に分けて実施しました。
今回は夏期講座に申込をされた方が対象でしたが、30名近い希望者だったため二回に分けることになりました。
講師は西伶印社名誉社員、日本篆刻家協会副理事長 喜多芳邑先生。
県立高校退職後は大学、高校の非常勤講師をされています。
先生のご指導の下、皆さん一生懸命に彫られて約一時間半くらいで作品が完成していきました。
できた作品は、来年2月に開催される明日香村文化祭美術展で紹介します。
皆さんの作品が、書、絵画などに押印され活用されることを願います。

CIMG0296
講座の様子

2021.11.28